ギターを始める時に必要になる物/あると便利な物

ギターを始める時に必要になる物/あると便利な物

ギターに必要な物

浜松市のギター教室、ハミングギター船越教室です。
ギターだけではギターを弾くことはできません。
例えば弦が無かったらギターは弾けませんよね?
その他にも必要だったり、あると便利だったり、これからギターを始めるにあたり、最初に揃えておくと良いものを紹介していきたいと思います。

クラシックギター

浜松市 クラシックギター
クラシックギター

まずは、クラシックギターに必要な物を紹介します。

チューナー

チューナー
チューナー

チューナーとは音を合わせる道具です。
写真の物はクリップチューナーと言ってギターのヘッドに洗濯バサミのような所で挟んでおくだけです。
音を合わせたい時にスイッチを入れれば音を拾ってくれます。
マイクで音を拾うチューナーは周りの音も拾って反応してしまうので、洗濯バサミの所から振動を拾うクリップチューナーは、あまり周りに影響されないのでおススメです。

足台、又はギターレスト

足台
足台

足台は、クラシックフォームをとるときに必要です。
左足を足台に乗せて使います。
人によっては長時間のクラシックフォームはキツイと言う人もいると思います。
そんな人にはギターレストと言うものがあります。

ギターレスト
ギターレスト

ギターレストには色々なものがあります。
吸盤でギターのボディにくっつけるものもありますが、普通に座ったままクラシックフォームをとる為の物です。

メトロノーム

メトロノーム
メトロノーム

練習は必ずメトロノームを使いましょう!
メトロノームは音楽をやる上での方位磁針のような存在です。
アナログな振り子式メトロノーム、電子メトロノーム、アプリでもメトロノームはありますので、使いやすい好きなものを選ぶといいでしょう。

譜面台

譜面台
譜面台

譜面台は、必要です。
椅子に座ってクラシックフォームをとったはいいけど譜面台がなきゃ譜面をて練習できません。
最近は譜面台も安くなってきているので、1番安いやつでいいので買っておきましょう。

オススメの弦

クラシックギターの弦
オーガスチン

クラシックギターの弦も沢山あります。
なかなか安定してくれない弦もありますし、値段も様々で何を買ったらいいかわからないと思います。
音の好みや弦のこだわりは、上級者になってから考えるとして、とりあえず何を張ろうか?
と言う人に、オーガスチンのミディアムテンションをお勧めします。
値段も手頃で、割と早く安定してくれて、ハズレも少ないからです。
ハイテンションは青のパッケージで、ローテンションは黒のパッケージなので、ミディアムはオーガスチンのと呼ばれています。
何買えば良いのかわからない人は、とりあえずこの弦を買ってみてください。

フォークギター

浜松市 フォークギター
フォークギター

弾き語りをやりたい人は、まずこのギターを手にすると思います。
では、フォークギターに必要な物を紹介します。

チューナー

チューナー
チューナー

これはクラシックギターと同様、弦の音を合わせるときに使います。クリップチューナーがオススメです!

足台

足台
足台

フォークギターは必要と言うより、あったら便利な感じです。右足を乗せて、右足の上にギターを乗せて弾くと弾きやすくなります。

譜面台

譜面台
譜面台

譜面台はあった方が良いです!
椅子に座って練習するにしろ、立って練習するにしろ、譜面台で高さを調整できるので、譜面を見るのに必要です!

メトロノーム

メトロノーム
メトロノーム

音符じゃなくて、コードを押さえてジャカジャカやる場合でも、メトロノームに合わせる練習はしておいた方が良いです!
メトロノームに合わせる練習は、人と合わせる練習にもなります。
相手の音やリズムに合わせて弾くときに相手の音が聞こえなくてはできません。
面倒くさいと思うかもしれませんが、やっといて損はありません。

カポタスト

カポタスト
カポタスト

弾き語りにはかなりの便利アイテムです!
カポタストはフレットの所に挟んで使うのですが、例えば、2フレットにカポタストを挟んでCコードを弾くと、実際にはDの音が出ます。
自分の歌と曲のキーが合わないなって思ったら1フレット上に上げると半音高くなります。
文字で説明しても分かりづらいと思いますが、カラオケでキーを自由に変えられるのと似たようなものです。
後、難しいコードの曲の場合、キーを変えると簡単なコードになる場合があります。
簡単なコードに書き換えたらカポタストで原曲のキーの位置に挟んでやると簡単なコードのまま原曲キーで弾くことができます。
この説明は、かなり長くなるので、割愛させてもらいます。またの機会に書きたいと思います。

ピック

ピック
ピック

弦を弾くときに使います。
色々なピックがありますが、おにぎりピックがおすすめです。
この写真のピックは通常のおにぎりピックより一回り小さなピックです。
この大きさが持ちやすくてオススメです。
人によって好みがあるので、実際に手にとってしっくりくるものを選んでください。

オススメの弦

フォークギターの弦
マーチンライトゲージ

マーチンのライトゲージです。
本当は、このパッケージと違うマーチンのライトゲージがオススメだったんですが、見つからなかったので、これを載せてます。
同じマーチンの弦で1番安いライトゲージをずっと使ってきています。
中級、上級になる頃には、自分のこだわりの弦を見つけていると思いますが、初心者で何を選んで良いのかわからない人は、この弦をオススメします。
※某楽器屋さんオリジナルの安い弦は最初から死んでる事が多いのでオススメできません。

エレキギター

浜松市 エレキギター
エレキギター

エレキギターの最初に揃えておくと良いものを紹介します!

チューナー

チューナー
チューナー

これは、クラシックギター、フォークギターと同様で、エレキギターにも必要です。音を合わせる道具。
クリップチューナーがとても便利で使いやすいと思います。

ピック

ピック
ピック

弦を弾くときに使います。
エレキギターもおにぎりピックがオススメです。
厚さは1mmぐらいのものが良いと思います。
好みがあるので、基本的には自分の好きなものを選んでください。

シールド

シールド
シールド

ギターとアンプを繋ぐものです。
とりあえず、安いシールドで良いと思います。
長さは3メートルぐらいで良いと思います。
上級者になってライブに出るとか練習以外でも使うようになったら、拘ってください。
シールドは消耗品ですので、断線したら買い換えてください。

アンプ

アンプ
アンプ

練習用のアンプは安物で十分です。
写真のアンプは5〜6000円でした。
ただ何でも良いわけではなくて、Over Driveつきのアンプが良いです!

Over Drive
Over Drive

ボタンをポチッと押すとOver Driveがかかるアンプが良いです。
エフェクターを別で買うと高くなってしまいますし、初心者の内はアンプについているOver Driveで十分です。
エレキギターは歪んだ音で練習して下さい。
歪ませないとミュートできてるのかわからないからです。
夜だったり、音に気を使う場合はヘッドホンをして練習できます。

メトロノーム

メトロノーム
メトロノーム

基礎練習も曲練習も必ずメトロノームに合わせられるようにしてください。
最初は難しいと思いますが、エレキギターはメトロノーム合わせて練習する事はかなり重要な事です。

足台

足台
足台

エレキギターを椅子に座って練習する時に右足を足台に乗せるとギターが弾きやすくなります。
あると便利なので使ってみてください。

譜面台

譜面台
譜面台

やはり譜面台はあったほうがいいでしょう!
机の上に置ける卓上譜面台と言うものもあるので、練習しやすいものを選んでください。

オススメの弦

エレキギターの弦
ダダリオ弦

エレキギターのオススメ弦はダダリオです。
僕は09-42使っています。
使っているギターのスケールにもよりますが、太いゲージを使うとチョーキングが少し大変です。
ダダリオの弦は安くて何処でも手に入るのでオススメです。
寿命が短い所が短所ですが、何を買えばいいのかわからない初心者の方はダダリオ弦を一度試してみてください。

終わりに

ギターだけではギターは弾けません。
それ以外の小物も重要な役割があります。
初心者の方は何が必要で何を買えばいいのかわからないと思いますので参考にしてみてください。
ギターに慣れて自分のやりたい事が見えてきたら、それに合わせて楽器も機材も変えて行けば良いと思います。

ギターの豆知識カテゴリの最新記事

電話をかける