講師紹介

講師プロフィール

佐藤

好きな食べ物:芋ようかん、あんみつ、栗蒸し羊羹、カボチャプリン、団子、大福、おはぎ、柏餅、白玉団子、わらび餅、葛餅、水まんじゅう、たい焼き、大トロ、ハンバーグ

趣味:登山、野宿、映画鑑賞

血液型:A型

浜松市出身

経歴

子供の頃から音楽が嫌いで、虫を捕まえたり、魚を捕まえたりして近所の野山で駆け回り育つ。将来の夢は冒険家でした。

10代

中学2年でようやく音楽に興味を持ち始める。ギターをやりたいと言い出した兄の元に母親が一台のエレキギターを貰ってきた。このAria Pro2のPE-R80と言うギターがキッカケでギターをやりたいと思い始める。

PE-R80
PE-R80

お年玉でクラシックギターを購入して半年間独学でギターを学ぶ。

中学3年の初夏、クラシックギターを習い始め、クラシックギターの表現力の素晴らしさを知る。

高校1年の時、路上ミュージシャンのライブを見て、ギター弾き語りに興味を持ち始める。バイトでお金を貯めてフォークギターを購入する。

高校2年の夏から浜松駅前で路上で歌い始めるが、歌が下手すぎて様々な人に馬鹿にされ非常に悔しい思いをする。どうしたら歌が上手くなるのか?考え始め独学で歌の勉強を始める。この頃のクラシックギターを辞めてしまう。

高校2年の冬に無理して歌いすぎて完全に声を潰す。ここから5年ぐらい裏声が出なくなる

高校を卒業して、19歳から20歳頃はどう言うわけか各地のカラオケ大会を荒しまわる。

カラオケ大会で取ったトロフィー
カラオケ大会で取ったトロフィーの一部

20代

カラオケ大会に飽きて、またギター弾き語りを始める。21歳の頃、初めてオリジナル楽曲を制作する。この頃から、路上ではなくライブハウスやイベントなどで弾き語りでライブをやり始める。

どうしてこんな事になったのか全くの謎なんですが、23歳の時に全国リリースのコンピレーションアルバム「First Step」に楽曲が収録される事になる。

First Step
First Step

収録楽曲が有線放送、着うた、着うたフル、iTunesなどで配信される。ローカルのラジオやケーブルテレビ等でゲスト出演したりする。

結婚する知り合いにウェディングソングを制作して、結婚式で歌う。これまた、どうしてこうなったのか全くの謎なんですが、この時作ったウェディングソングが全国リリースのコンピレーションアルバム「Love songs〜恋愛唄」に収録されてしまう。

恋愛唄
恋愛唄

小っ恥ずかしいジャケットであまり宣伝してきませんでした。この後、リーマンショックで勤めていた会社が潰れ、アルバイトを転々としながら、イベントや歌を歌う人に楽曲提供をする。

ようやく就職できたと思ったら、3.11で勤務が半日だったり、全く稼働しなかったりと不安定な時期が続くが、この時、会社にいたペルー人に教わった鉄屑を集めて売るという事を経験する。その時稼いだお金で自主制作でアルバムを制作する。

月明かりの下で
月明かりの下で

楽曲は有線放送でも配信されています。しかし、アルバムを作ったのはいいが、そこで満足してしまい、全く売る気が起きず在庫の山が未だにあって困っている。

27歳でまたクラシックギターをやりたくなり、習っていたギター教室に復帰する。

その後、会社内でラインが中国に移ったりして、昨日までいた派遣社員がいきなりクビになったりという事を目の当たりにして自分で稼げるようにならないと、いきなり放り出されたら稼げるすべが一切無いと感じ、手に職をつける事を考え出す。

たまたま出ていた鍵屋の求人を見つけ、転職する。ここがかなりのブラック企業で朝から夜中まで毎日働き、手取りは13万ぐらいと肉体的にもメンタル的にも追い詰められる。

ブラック鍵屋に勤めて1年半でメンタルに限界が来て会社を辞める事を決意する。

30代

30歳でカギ屋として独立。

この頃、重大な事実に気づく。自分は人前で演奏したり、喋ったりすることが大嫌いだと言うことです。場数を踏めばいずれ慣れるだろうと今までライブ活動をしてきたが、一切慣れなかったし、嫌々やっている自分にようやく気づき、人前で演奏する事を辞める。弾き語りもやらなくなり、ギターもほとんど触らなくなる。

33歳、色々な御縁があり船越町に土地を買い、カギ屋の店舗を建てる。(2016年)

船越町の土地
船越町の土地
船越町の土地2
船越町の土地2
カギ屋店舗
カギ屋店舗

店舗を建てたのをキッカケに習っていたクラシックギターの先生から自分の後を継いで欲しい。と言われる。正直、この頃の自分はギターが好きなのかどうかもよく分からない状態だったので、悩むが、先生への恩返しをしなくてはという思いもあり引き受ける事にする。

楽譜が一切読めないと言う欠点があった為、2017年は楽譜が読めるようになると目標を立て勉強し始める。相変わらずギターはあまり触っていない。ギターが好きなのかどうなのか?よくわからないと言う悩みは変わらない。

2018年35歳、よりギターを深く知るた為にエレキギターの勉強を始める。今までのギターの経験がエレキギターには一切通用しない事を知る。それ以外にもギターに対する考え方や練習に対しての考え方が変わり、ギターが好きなのかどうなのか?分からないと言う悩みが消え、ギターに没頭する毎日になる。

2019年36歳、カギ屋の店舗を増築して9月にハミングギター船越教室をオープンさせる。

ハミングギター船越教室
ハミングギター船越教室

 

ハミングギター船越教室では生徒を募集しております。メインはクラシックギターですが、弾き語りも教えております。

053-469-3262

080-9118-1886

電話をかける