cool z のギターってどうなの?

cool z のギターってどうなの?

cool z のギターについて

浜松市のギター教室、ハミングギター船越教室です!
本日はcool z のギターについて書きたいと思いますが、最初に言っておきたいのが、人それぞれ楽器に対する思い方は違います。
もちろん、楽器だけではなく、腕時計や財布、車、様々な物に対する価値観や思い方は違います。
この記事の内容はあくまでも、僕自身の思い方、価値観で書きます。
考え方が合う人、合わない人は当然います!
それはそれで良い事だと思います。
なので、僕は僕の思う事を書きたいと思います。
ただそれだけです。

cool z を使っていると恥ずかしい?

ネットでやたら見かけます。
cool z を持っていたら、友達にバカにされました!とか
使っていると恥ずかしいと言われたとか、、、
cool z は、果たして恥ずかしい楽器なのでしょうか?

cool z は島村楽器のオリジナルブランド

まず、cool z はメーカーではありません。
島村楽器のオリジナルブランドです。
cool z が批判される原因の一つはこれかもしれません。
島村楽器の店員に嫌な思いをさせられた人は、よく思っていないのかもしれません。
僕も島村楽器の店員に、物凄い嫌な思いをさせられた事があります。
しかし、楽器を嫌いになる理由にはなりませんでした。
その店員は嫌いになりましたが、島村楽器の店員全員を嫌いになった訳ではないし、島村楽器を嫌いになった訳でもないですから

cool z と言うネーミングセンスがダサい

これもネットでよく見かけます。
僕は、正直、意味不明とは思いますが、ダサいとまでは思っていません。
むしろオリジナルブランドって笑える名前多いと思いますしね。
例えば、COBRANとかAnboyとか
なんかギャグが効いてて良いな〜って思います。
ダサいとは思いません。
面白いな〜どうしてこんな名前にしたんだろう?って思います。
cool z もどうせなら、もっと笑える名前にしたら良かったのに!
変な名前のギターほど好きになってしまいます。
何度も言いますが、これは僕の価値観です。

cool z ヘッドロゴ
cool z ヘッドロゴ

ダサいと言われているヘッドロゴです。
そんなに目立つデザインではないと思います。
僕個人的には気にならないです。

COBRAN ヘッドロゴ
COBRAN ヘッドロゴ

COBRANの方がアピール力が強いですね。
後、フジゲンのFGNも目立つロゴだと思います。

Anboyヘッドロゴ
Anboyヘッドロゴ

Anboyもなかなかですね!
これらに比べたらcool z はシンプルで控えめですよね。

cool z が恥ずかしい理由

恐らくですが、cool z を使ってると恥ずかしいと言われる理由として

・島村楽器のオリジナルブランド
・ネーミングセンスがダサい

と言う二つの事があるようです。
非難する理由としては、かなりしょうもない理由のように思えます。

楽器としてはどうなの?

cool z は楽器として、持っていて恥ずかしいものなのでしょうか?

made in Japan

cool z は完全に日本製の楽器です。
今の時代、海外でパーツを作って、日本で組んだら日本製って楽器が多い中、cool z は完全日本製だそうです。
これは島村楽器の店員から聞きました。
材も良いものを使い拘って作っていると言う事です。
作っているのは富士弦楽器です。

弾きやすさ

cool z のストラトタイプとテレキャスタイプを所有していますが、どちらも弾きやすいと感じます。

ヒールカットジョイント
ヒールカットジョイント

写真のようにネックのジョイント部分のヒールを斜めにカットすることによりハイポジションがとても弾きやすくなっています。
ここも拘っているポイントの一つのようです。

音に関しては、人によって感じ方が違うので難しい所なんですが、僕個人的には好きです。
YouTubeなんかでも試奏動画のコメントに良い音だと言うコメントをよく見かけます。
僕のYouTubeチャンネルにも実際、このギター良い音ですね。是非、メーカーを教えてください。とコメントを頂いた事もあります。

楽器としては

作りの良さ、材質の良さ、音の良さ、これらを総合すると楽器としては、本当に素晴らしいと思います。
持っていて恥ずかしい要素が見当たらないです。
これだけ良いものが、揃っていても、ネーミングセンスがダサいって理由だけで恥ずかしい楽器と言うのもどうなのかと思ってしまいます。
名前とかどうでもよくないですか?

残念な事に生産完了

cool z は、残念ながら生産が終了してしまったそうです。
島村楽器のホームページには2019年3月20日にhistory誕生25周年を記念してフルモデルチェンジをします。
と書いてあります。今では10万円以下の廉価ギターもhistoryの名前になりました。
恐らくこのフルモデルチェンジでcool z のブランドは終了したのではないかと思います。
島村楽器の店員にどうしてやめてしまったのか聞いてみたら、正直、10万円以下の価格帯であれだけのクオリティの楽器を提供するのが厳しくなった。と言ってました。
確かに、そうかも知れません。
別の記事でクラシックギターの松岡良治について書いた事がありましたが、初心者、中級者向けの国産ギターでしたが、やはり厳しくなって倒産しています。
弾きやすい、音が良いと言う事でスタジオミュージシャンでもcool z を愛用している人がいるようですが、とても残念です。

中古市場の値上がり

cool z は不人気という事もあり、中古はかなり安く出回っている印象でしたが、生産が終了した後は、少しずつ値段が上がってきているように感じます。
恐らくですけど、もう少し上がるのではと思っています。
これも、また別の記事でAria Pro2 のPE-R80 について書いた事があるのですが、80年代ぐらいの日本製のエレキギターがジャパンバンテージと言われて、そのクオリティの高さが見直され値段が上がっていると
これってcool z にも同じ事が言えると思います。
10万円以下の価格帯で完全に日本製でクオリティが高いのですから、今、ジャパンビンテージと言われているものと同じではないかと
cool z も数十年後にはジャパンビンテージの仲間入りをしているかもしれないですね。
今はまだ中古でも新品同様のモノがありますが、年月と共に、それもなくなって行きますので、買うなら今かも知れませんね。

楽器紹介

僕の愛用しているcool z のギターを紹介したいと思います。

そもそもcool z は島村楽器オリジナルブランドの廉価版で高級機はhistoryと言う位置づけでした。
僕の愛用しているcool z はストラトタイプとテレキャスタイプの2種類

ストラトタイプ

ZST-10R
ZST-10R

cool z のストラトタイプで1番高いモデルです。
作りも材も良く、音も評判が良かったです。

ZST-10R正面
ZST-10R正面
ZST-10R裏
ZST-10R裏

スペック

ボディ アルダー
ネック ハードメイプル1P
指板 ローズウッド
フレット CFS 22F
スケール 648
ペグ GOTOH SD91-05M
ナット 牛骨
ピックアップ history VS62-FAT アルニコ5
コントロール 1ボリューム、2トーン、5ウェイPUセレクター
ブリッジ TP-S6D

定価75,000円+税

テレキャスタイプ

ZTL-10M
ZTL-10M

cool z のテレキャスタイプで1番高いモデルです。
ストラトタイプが良かったので、コチラも cool z を選びました。
ストラトタイプよりも個人的には好きです。
音も良いですし、弾きやすいです。

ZTL-10M正面
ZTL-10M正面
ZTL-10M裏
ZTL-10M裏

スペック

ボディ ライトアッシュ
ネック ハードメイプル1P
フレット CFS 22F
スケール 648
ネックジョイント ヒールカットジョイント
ペグ GOTOH SD91-05M
ナット 牛骨
ピックアップ history VT52-FAT アルニコ5
コントロール 1ボリューム、1トーン 3way LeverSW
ブリッジ TP-6B

定価85,000円+税

この2台はかなり気に入ってます。
今後も、大事に使っていきたいと思っています。

終わりに

楽器に対しての考え方、思い方、拘りは人それぞれ違うと思います。
やはり、楽器は本家のフェンダーやギブソンが良い!
ダサいメーカーは嫌だ!と考える人もいると思います。
その気持ちも理解できますし、その人の好みだったり、価値観なので、その人の自由です!
逆に僕のようにメーカーに拘りがなく、作りの良さ、材の良さ、音の良さで愛着を持ってしまう人もいると思います。
この基準は、人それぞれだから、自分の拘るポイントで楽器を選べば良いと思っています。

要するに自分が気に入った物を選べば良いと思うのですが、人の楽器をバカにする発言は良くないと思います。
その人が良いと思って使っている楽器ですから、その人の自由です。
また、もし自分のギターをバカにされたとしても、そんな事で不安にならないでください。
気に入って使っているんだから堂々と使っていれば良いのです。
むしろ、人のギターにケチつけるな!ぐらい思っても良いと思います。
僕はcool z を愛用していますし、非常に気に入っています!cool z でモチベーションも上がります!
何も恥ずかしいと思っていません。
cool z のギターはとても良い楽器だと思っています!
どんな楽器を使っていてもギターが好きと言う事は同じ筈です。
僕は、これからも自分の好きなギターを楽しく弾いていこうと思っています。

ギターのはなしカテゴリの最新記事

電話をかける